自動化システム 実験装置/実習装置

お客様のご要望により工業関係のものすべての設計・製作を承ります。

ポンプ診断システム

ポンプ診断システム
用途:

送液ポンプの異常振動を測定する装置です。ポンプ流量設定/ポンプ電源電圧設定がリモート制御で行えます。 出力信号は、流量信号/振動信号/ポンプ電源電圧信号がアナログ出力されます。

特徴
  • ポンプ内に異物やエアを混入することができます。
  • 配管内の流体が目視可能です。
  • 2ライン仕様

光触媒試験装置

自動速乾性試験装置
用途:

光触媒反応容器にマスフローコントローラーを使用し、精度よく反応ガスを供給する試験装置です。

特徴
  • 反応ガスを連続モード/循環モードで切替えて試験することができます。
  • 専用コントローラを使用し、一定周期毎にサンプリングしたガスをガスクロ分析できます。
  • 外形寸法 W800×H500×D400×㎜
  • カタログはこちら

カラム装置

カラム装置
用途:

試料容器から流出する廃液をタンクに回収する試験装置です。

特徴
  • コンパクト構造により移動が可能です。(キャスター付)
  • ポンプ流量の表示機能付です。
  • タイマによるポンプ停止機能付です。

海水中N2O濃度測定装置

自動希釈装置
用途:

地球温暖化の解決に必要な大気・海水中のN2O濃度を自動で測定できる装置です。

特徴
  • 専用ソフトにより制御されます。
  • 従来の平衡法を用いた装置に比べ測定に必要な海水が少量で済みます。
  • 2台のマスフローコントローラーを用いてガスを生成し、導入します。
  • カタログはこちら

海水中CO2濃度測定装置

CO2濃度測定装置
用途:

海水表面への大気中CO2の溶解平衡濃度の測定に使用します。

特徴

化学プラントモデル実験装置

化学プラントモデル実験装置
用途:

水と試験液を、昇温しながら混合撹拌し排水する実験装置です。

特徴
  • 水・試験液・排水の流量信号及び液位を出力します。
  • 試験液・排水の流量を外部コントロール可能です。
  • リアクタータンクを昇温可能です。(max.50℃)

プロセス実験装置

プロセス実験装置
用途:

タンクの液面、タンクからの流出流量を空気式調節弁で制御し、最適PID等の検証を行う実験装置です。

特徴
  • タンクの加圧制御が可能です。
  • 空気式調節弁使用です。

プロセス実験装置

プロセス実験装置
用途:

プロセス制御の各実験を行う装置です。温水と冷水を混合しタンクのレベル制御、温度制御を行います。

特徴
  • 異形タンクによるレベル制御が実験できます。
  • タンクに外乱用のヒーターが付属しています。
  • 温水、冷水制御用のコントロール弁には電子式を使用しています。
     
(c) 2014-2018 S-one Co., Ltd. Design by http://f-tpl.com